• The University of Tokyo / RIKEN
  • tsuzukums.k.u-tokyo.ac.jp

略歴

About Me

都竹雄介.
東京大学理学部情報科学科卒業後、現東京大学情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻修士2年 兼 理化学研究所革新知能統合センター研究補助員。 研究テーマはニューラルネットワークのノイズ耐性に関する理論と実験的評価、及びそれらを用いた汎化誤差解析。 平成30年度東京大学大学院入学生総代(1/4415)。 平成29年度理学部学修奨励賞(学科より1名)。 過去にGoogle, Preferred Networks, MILAなどの企業や研究機関でインターン。 複数の研究成果を機械学習の世界最高峰の学会に筆頭著者として採録。

2018 - 現在

東京大学大学院情報理工学系研究科
コンピュータ科学専攻修士

専門は機械学習。特に深層学習の根源的な理論とその応用。 研究成果をNeurIPS2018, CVPR2019に筆頭著者として採録。

2014 - 2018

東京大学 学士(理学)

理学部情報科学科。 コンピュータサイエンスの全ての分野を幅広く学修。 最優秀賞に相当する理学部学修奨励賞を受賞。

2011 - 2014

岐阜高等学校

ほとんどの試験で校内トップの成績を納める。 課外活動として科学の甲子園全国大会総合競技優勝など。

2008 - 2011

精華中学校

生徒会長、生徒会執行役員、応援団員などを務める。


業務/研究/教育経験


大学院用講義1つ、並びに大学4年生用講義1つの講義資料作成に従事。
Pushing forward the state-of-the-art of deep learning analysis.
Worked for a machine learning-oriented project for improved google search Q&A system.
Unofficial internship. Studied statistical learning theory for deep learning.
Assisted machine learning class for first-year students.
Continued internship project and wrote a paper, which was accepted to ICLR 2018 workshop.
Studied gradient compression for bandwidth reduction in distributed deep learning.

Google
PFN

資格


応用情報技術者 (IPA)

旧セキュリティスペシャリスト (IPA)

空手初段

奨学金


  • トヨタ・ドワンゴ高度人工知能人材奨学金 (2018)

競技


競技プログラミング

  • ICFPC 2018 世界7位
  • Code Festival 2017 決勝
  • DDCC 2017 決勝
  • Code Festival 2016 決勝
  • DDCC 2016 決勝

その他受賞歴


  • IBIS学生優秀プレゼンテーション賞 (2018)
  • 科学の甲子園全国大会総合競技4優勝 (2013)
  • 科学の甲子園全国大会総合9位 (2013)
  • 数学甲子園全国大会準々決勝3位、準決勝進出 (2013)
  • 中体連卓球個人の部岐阜地区15位、岐阜県ベスト64 (2010)
  • カワイピアノ音楽コンクール岐阜県予選会優勝 (2009, 2006)
  • カワイピアノ音楽コンクール中部本選会 努力賞 (2006)

科学の甲子園全国大会総合競技4優勝

主な執筆論文


  • Y. Tsuzuku, I. Sato. On the Structural Sensitivity of Deep Convolutional Networks to the Directions of Fourier Basis Functions. CVPR 2019 oral (oral採択率5.6%)
  • Y. Tsuzuku, I. Sato, M. Sugiyama, Lipschitz-Margin Training: Scalable Certification of Perturbation Invariance for Deep Neural Networks. NeurIPS 2018 (採択率20.8%)